October 28, 2019 / 6:08 AM / in 24 days

HSBC、第3四半期決算は予想下回る 「見通し厳しい」

[香港/ロンドン 28日 ロイター] - 英金融大手HSBCが発表した第3・四半期決算は税引き前利益が18%減と、予想以上の減益となった。

同行は収入の見通しが厳しいと表明。主要財務目標を達成できないとの見通しを示した。

米中貿易摩擦、金融緩和、香港の抗議デモ、英国の欧州連合(EU)離脱問題などで世界経済の見通しが悪化する中、同行はコスト削減の強化を目指している。

第3・四半期の税引き前利益は48億ドル。前年同期は59億ドル、同行がまとめたアナリスト予想は53億ドルだった。

香港上場のHSBC株は2%以上下落している。

ノエル・クイン暫定最高経営責任者(CEO)は「第3・四半期は厳しい環境の下、特にアジアなど一部の事業がよく持ちこたえた」としながらも「一部の事業の業績は受け入れられない。増収率の見通しが悪化していることを踏まえると、従来の計画ではそうした事業の業績を改善できない」と述べた。

HSBCは、来年の有形株主資本利益率(RoTE)目標である11%を達成できないとの見通しを表明。今年上半期に比べ、収入の見通しが「厳しさを増している」と指摘した。

低収益の事業から資本を移し、コストベースを調整する方針も表明。「こうした対応策により、また収入環境の悪化が続いた場合は、のれん代償却や追加のリストラ費など、19年第4・四半期以降に多額の費用計上が必要になる恐れがある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below