for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英HSBC、第1四半期は利益半減 引当金を大幅積み増し

[香港/ロンドン 28日 ロイター] - 英金融大手HSBCホールディングスが28日に発表した第1・四半期(1─3月期)決算は、利益がほぼ半減し、予想にも届かなかった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で借り手が世界的に打撃を受ける中、不良債権引当金を積み増した。

税引き前利益は32億1000万ドルで、前年同期の62億1000万ドルから減少した。同行がまとめたアナリスト予想の平均36億7000万ドルも下回った。

不良債権引当金は24億ドル増の30億ドル。COVID─19(新型コロナ感染症)の影響や原油価格の下落、さらに「シンガポールでの企業へのエクスポージャー」を背景に、引当金を積み増したと説明した。

HSBCは、新型コロナの世界経済への影響により不良債権が増加すると警告。顧客の活動が鈍化し、政策金利引き下げでマージンが低下する中、収入への圧力が続くとの認識を示した。

その上で、収入減の影響を緩和するため営業費用を圧縮する計画だとし、2020年の利益は前年を「著しく下回る」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up