for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

HSBC、米リテール事業撤退へ アジア重視戦略の一環

 英銀大手HSBCは、米国の個人および小規模法人向けリテール銀行事業から撤退すると発表した。香港で昨年8月撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 27日 ロイター] - 英銀大手HSBCは、米国の個人および小規模法人向けリテール銀行事業から撤退すると発表した。一部を売却し、その他は段階的に閉鎖する。

同社は26日遅くに出した発表文で、米国の富裕層向けサービスを継続するため、小規模な物理的拠点を維持する方針も明らかにした。

HSBCグループのノエル・クイン最高経営責任者(CEO)は「事業としては良かったが、当社には競争するだけの規模がなかった」と述べた。

同社は2月にアジアの富裕層向け業務に重点を置く新たな戦略を発表し、米リテール部門について「オーガニック、非オーガニックな選択肢を模索している」と表明していた。

HSBCの米リテール網のうち、東海岸の80店舗を含む事業は米銀シチズンズ・ファイナンシャル・グループ傘下のシチズンズ・バンクへの売却が決まり、西海岸の10店舗などは米キャセイ・ジェネラル・バンコープ傘下のキャセイ・バンクへの売却が決まった。HSBCと同2行が発表した。

売却額は明らかになっていない。HSBCは売却の関連コストとして1億ドル(税引き前)を計上する見込みとした。

HSBCの香港上場株は27日序盤に1%超下落したが、その後は上昇に転じた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up