for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファーウェイ副会長「サイバー防御で統一基準を」、官民に要求

[ブリュッセル 5日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の胡厚崑副会長は5日、各国の政府や通信業界、規制当局が一体となり、サイバーセキュリティーに関する統一基準を作るべきとの考えを示した。

同社はベルギーのブリュッセルにサイバーセキュリティーのセンターを開設。顧客や政府は施設で同社ソフト(プログラム)の元データの試験などを行うことができるという。同様の施設は英国やボン(ドイツ)、ドバイ(アラブ首長国連邦)、トロント(カナダ)、深セン(中国)にもある。

副会長は記者会見で「この問題を巡っては官民とも基本的な共通認識を持ち合わせていないのが実情で、その結果、異なる利害関係者が異なる期待を抱き、それぞれの責任がかみ合っていない」と指摘。

その上で「セキュリティーに関する業界全体の統一的な技術基準や検証制度が欠けており、世界的な価値連鎖(バリュー・チェーン)も問題を複雑にしている」とし、法律や技術に裏打ちされた統一基準を作ることが業界への信頼につながると主張した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up