for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファーウェイ、仏で欧州初の5G工場建設へ 各国の対応割れる

2月27日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の梁華会長は、欧州で初めてとなる第5世代移動通信システム(5G)向け製品の製造工場をフランスに建設すると発表した。写真は1月29日、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのサラエボで撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[パリ 27日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の梁華会長は27日、欧州で初めてとなる第5世代移動通信システム(5G)向け製品の製造工場をフランスに建設すると発表した。

建設するのは携帯電話基地局向け設備の工場で、第1弾として2億ユーロ(2億1700万ドル)を投資する。工場建設で500人分の雇用が創出されるという。

梁華会長は記者会見で「フランスだけでなく、欧州市場全体に製品を供給する。われわれのグループの活動は世界的な規模であり、当社には地球規模の製造拠点が不可欠だ」と述べた。

フランスのマクロン大統領がファーウェイの決定を歓迎したかどうかはこれまでのところ明らかではない。マクロン氏は外国からの投資誘致に取り組んでいるが、中国が欧州連合(EU)経済を侵食することに警戒感も示している。

梁華会長は新工場建設計画についてはフランス政府に概略を説明済みで、「今回の計画は懐柔策ではない」と述べた。

フランスの大統領府はコメントを避けた。

ファーウェイの5G製品を巡っては、米国がセキュリティー面でリスクがあると主張する一方、ファーウェイ側はこうした指摘を否定している。

ファーウェイの5G製品に対する欧州各社の対応は割れている。フランスでは通信大手オレンジORAN.PAがファーウェイとライバル関係にあるノキアNOKIA.HEとエリクソンERICb.STの製品を採用したが、ブイグ・テレコムBOUY.PAなどはファーウェイ製品への依存度が高い。

ドイツもファーウェイ製品の採用を巡って方針の取りまとめに苦慮している。英国はファーウェイ製品の参入を限定的に認めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up