January 14, 2019 / 4:23 PM / 5 months ago

ファーウェイ巡る「作り話」やめるべき=中国外務省

 1月14日、中国の通信機器大手、華為技術の社員らがポーランド当局によりスパイ容疑で逮捕されたことに関連し、中国外務省はファーウェイを巡る作り話をやめるよう訴えた。ワルシャワで11日撮影(2019年 ロイター/KACPER PEMPEL)

[北京 14日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の社員らがポーランド当局によりスパイ容疑で逮捕されたことに関連し、中国外務省は14日、ファーウェイを巡る作り話をやめるよう訴えた。

華春瑩報道官は会見で、ポーランド側が相互信頼の構築と両国関係の維持に向け尽力することを希望するとした上で、中国ハイテク企業の海外展開を抑圧するため、一部の人間がセキュリティーに関する根拠のない言い掛かりを利用しようとしていると指摘した。

その上で「中国はファーウェイなど中国企業に対する根拠のない作り話や不当な制約行為をやめるよう関係各国に求める」とした。

ポーランドの政府当局は13日、ロイターに対し、ファーウェイ社員らの逮捕を受け、今すぐ同社を巡る政策を変更することは妥当といえないが、今後、国営企業による同社製品の利用を見直す可能性はあると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below