March 1, 2019 / 4:29 PM / 17 days ago

EXCLUSIVE-ファーウェイ、従業員株主向け現金配当3%増を計画=関係筋

[香港 1日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が、昨年の従業員株主への現金配当を3%増やす見通しであることが、関係筋の話やロイターの試算で分かった。

米国が各国に、第5世代移動通信システム(5G)網などで同社製品を使用しないよう呼び掛ける中、従業員の士気を高める要因になりそうだ。

従業員株主関係筋6人が示した内部通知の内容によると、昨年の1株当たり現金配当額は1.02元から1.05元に引き上げられる見込みだ。

証券時報は昨年2月、発行済み株式や株式分割について、社内メモを引用して報道。この内容から、現在の発行済み株式数は203億株、現金配当額は213億元(32億ドル)に相当するとみられる。

アナリストらは配当について、ファーウェイが米国側の批判をかわす自信を抱いていることや、利益の伸びもうかがえると指摘する。

独立系アナリストは「配当(水準)は、事業の基礎的条件が良好なことを示す」と分析、スマートフォン事業の利益は予想を上回る公算が大きいと予想した。

ファーウェイの郭平・輪番会長は、昨年の売上高が前年比21%増の1090億ドルと、2年ぶりの大幅な伸び率になるとの見通しを示している。今月中に公表する予定だ。

2017年の純利益は475億元。証券時報によると、同年の配当支払総額は168億元で、純利益の35%に相当する。

ファーウェイの広報担当者は、配当政策を公表していないと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below