for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、インテルなどにファーウェイ向けライセンス取り消し=関係者

[ニューヨーク/ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米政権は、半導体大手インテルを含めた中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のサプライヤーに対して、ファーウェイ向けのさまざまなライセンス供与の許可を取り消し、新規の許可申請も却下すると通知した。事情に詳しい関係者がロイターに明かした。

 トランプ米政権は1月17日、半導体大手インテルを含めた中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のサプライヤーに対して、ファーウェイ向けのさまざまなライセンス供与の許可を取り消し、新規の許可申請も却下すると通知した。事情に詳しい関係者がロイターに明かした。写真はファーウェイのロゴ、2020年9月に上海で撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

ファーウェイは米国にとって安全保障上の脅威だとみなして締め付けを続けていたトランプ政権にとって、今回が同社に対する最後の制裁措置になりそうだ。

米半導体工業会(SIA)が15日に加盟企業に送ったメールをロイターが確認したところでは、商務省は相当数のファーウェイ向けライセンス供与許可を否認し、少なくとも以前に認めた1件の許可を取り消す意向だと説明。関係者の1人は、4社が得ていた計8件の許可が取り消されることになったと述べた。

2人の関係者の話では、半導体メモリー大手のキオクシアの場合、少なくとも1件の許可が取り消された。同社は、特定の製品や顧客に関する事業の詳細を公表しないとコメントした。

SIAの広報担当者はコメントを控えた。

半導体各社は、ファーウェイ向けライセンス供与を巡る商務省の判断を何カ月も待ち続けてきたが、政権交代まであとわずかという時期にこうした決定が下されたことで、対応が難しくなる。

ライセンス供与却下を通知された企業は20日以内に対応することが義務付けられる。この対応について商務省が45日以内に修正を求める可能性があり、企業側にはその後45日以内に異議を申し立てる権利がある。

ファーウェイは、米商務省のエンティティー・リストに昨年5月に追加された。その後、米国の技術を利用した外国製半導体も許可制となるなど米当局のファーウェイ締め付けはさらに厳しくなった。関係筋によると、ライセンスを許可するか米当局間で見解が一致せず、これまでに約150のライセンスがペンディングになっているという。

インテルは昨年9月の段階では、一部製品の供給を継続するライセンスを取得したと説明していた。

ファーウェイとインテルはコメントを差し控えた。米商務省は、特定のライセンスに関する決定にはコメントできないとした上で、引き続き他の当局と連携して、米国の安全保障と外交政策上の利益を守る形でライセンス業務を執行していると説明した。

*情報を追加します

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up