June 20, 2019 / 6:53 PM / in 3 months

カナダ人拘束問題、米中首脳会談で提起へ=トランプ大統領

 6月20日、トランプ米大統領は月末の大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて行われる中国の習近平国家主席との会談で、中国がカナダ人2人を拘束している問題を提起する考えを明らかにした(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、月末の大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて行われる中国の習近平国家主席との会談で、中国がカナダ人2人を拘束している問題を提起する考えを明らかにした。

ホワイトハウスでカナダのトルドー首相と会談するのを前に語った。トルドー氏は会談後、トランプ大統領とは中国に関する協議に多くの時間を割いたと明らかにし、米中首脳会談でカナダ人拘束問題が取り上げられると期待していると語った。

カナダの当局は昨年12月、米国の要請で中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで逮捕。その後、中国はカナダ人2人を国家機密情報窃取の疑いで拘束したほか、カナダ産のキャノーラ(菜種)と豚肉の輸入を停止しており、両国関係は悪化している。

トランプ氏は習主席と米中貿易摩擦について協議する見通しで、ファーウェイを巡る問題も含めて最終的な合意をまとめる可能性を示唆している。

トランプ氏は米中首脳会談でカナダ人拘束問題を取り上げるか問われ「カナダを助けることができるなら何でもする」と答えた。再度の質問には、トルドー氏からの要請に基づき同問題を提起すると述べた。

トルドー氏はトランプ氏にそのような要請を行ったか問われると直接回答せず、「中国で恣意的かつ不当に拘束されたカナダ人が議題に上ると強く期待している」と述べた。

*写真キャプションを日本語に変えて再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below