April 9, 2018 / 1:36 AM / 14 days ago

ハンガリー総選挙、「反移民」のオルバン首相率いる与党が勝利へ 

[ブダペスト 8日 ロイター] - ハンガリーで8日、総選挙が行われ、オルバン首相(54)が率いる与党「フィデス・ハンガリー市民連盟」が勝利する見込みとなった。首相は連続3期目の任期に入る。

 4月8日、ハンガリーで、総選挙が行われ、オルバン首相(54)が率いる与党「フィデス・ハンガリー市民連盟」が勝利する見込みとなった。首相は連続3期目の任期に入る。写真は勝利宣言を行う同首相。ブダペストで撮影(2018年 ロイター/LEONHARD FOEGER)

オルバン首相は欧州への移民流入に対する反対姿勢を取っている。特に地方で高い支持を得たとみられる。

首相は首都ブダペストで集まった群衆に対し、勝利を宣言した。

選挙管理当局のデータによると、開票率93%の段階で、フィデスは定数199議席中133議席と、憲法改正に必要な3分の2以上の議席を得る見込み。極右政党「ヨッビク」は26議席を、社会党は20議席を確保するとみられる。ヨッビクの党首は選挙での敗北を認め、辞任すると表明した。

今回の投票率は約70%だった。

選挙結果を受け、中欧、ポーランド、オーストリアで右派政党が勢いを増し、欧州連合(EU)内の亀裂が明るみになる可能性がある。

オルバン首相は、財政赤字の抑制、失業率の低下、一部債務の削減のほか、経済を成長軌道に乗せたとの評価を得ている。

フランスの極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は、ツイッターでオルバン首相に祝意を伝え、「EUが掲げている価値の逆転と大規模の移民流入は再び拒否された」とした。

金融市場はフィデスの勝利を織り込んでいた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below