December 5, 2018 / 9:02 AM / 14 days ago

韓国光州市と現代自、低コスト工場で合意目指す 労組はスト計画

[ソウル 5日 ロイター] - 韓国南西部の光州市と現代自動車は今週、低コストの自動車工場建設で最終合意を目指す。

光州市と現代自は4日、新工場を共同で建設する暫定合意を締結。年産能力は小型スポーツ用多目的車(SUV)10万台。2021年の操業開始を予定している。

現代自は、毎年のように労組のストに見舞われており、工場建設が実現すれば、生産コストを下げられるほか、雇用の海外流出を防ぎたい韓国政府にもアピールできる。

光州市には、系列の起亜自動車の工場がある。

現代自は530億ウォン(4750万ドル)を投じて、合弁事業の株式19%を取得する予定。光州市は590億ウォンを投じて21%の株式を取得する。残りの1670億ウォンは、サプライヤーや地元経済界が拠出する。

市の当局者によると、労働者の年間賃金は3500万ウォンで、現代自の平均賃金9200万ウォンの半分以下。

現代自はコメントを控えている。

市は工場建設で1万2000人の雇用を創出できるとしている。

労組関係者によると、現代自の国内労組は、この計画に抗議するため、6日に4時間の時限ストを実施する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below