October 24, 2019 / 6:43 AM / 23 days ago

現代自動車、第3四半期の純利益が予想下回る 品質問題で引当金

 10月24日、韓国の現代自動車が発表した第3・四半期決算は、純利益が予想を大幅に下回った。写真は3月22日、ソウルで撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国の現代自動車(005380.KS)が発表した第3・四半期決算は、純利益が予想を大幅に下回った。米国と韓国でのエンジンの不具合に関連する問題で引当金を追加計上したことが響いた。

同社と系列の起亜自動車(000270.KS)を巡っては、エンジン出火の問題を受けてリコール台数を増やすべきだと2016年に内部告発があり、米国の規制・検察当局が品質問題の調査を続けているため先行き不透明感が強い。

第3・四半期の純利益は59%増の4270億ウォン(3億6475万ドル)。 I/B/E/Sリフィニティブのデータによると、アナリスト予想の平均は6840億ウォンだった。

前年同期の純利益は2690億ウォン。エンジンやエアバッグの品質問題に関連する費用を計上し、大幅な減益となっていた。

同社は先に、エンジンの問題を巡る米国での訴訟などに備え6000億ウォンの引当金を計上する方針を示していた。引当金は、エンジンの問題を検出するためのソフトウェアの導入やエンジンの不具合に対する永久保証の導入にも充てる。

第3・四半期の小売りベースの売上高は前年比3%減。米国の販売は回復したが、中国と韓国で販売が減少した。

米国では為替差益やスポーツ用多目的車(SUV)の販売増加が寄与した。中国の販売は引き続き低迷。同社は中国工場の1つを閉鎖した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below