for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

現代自動車、第2四半期は大幅増益 予想上回る

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国の現代自動車が22日に発表した第2・四半期決算は、純利益が1兆8000億ウォン(約15億7000万ドル)で、前年同期の2270億ウォンから急増し、四半期の純利益としてはおよそ6年ぶりの高水準となった。利益率の高いスポーツユーティリティービークル(SUV)や高級車のジェネシスの堅調な需要に支えられた。

リフィニティブ・スマートエスティメートのアナリスト予想の平均1兆6000億ウォンも上回った。

現代自は「新型コロナウイルス禍からの景気回復を背景に自動車需要が拡大する中、SUVとジェネシスが全体の販売の勢いをけん引したほか、インセンティブ(販売奨励金)の減少が売上高と収益性を押し上げた」と分析した。

アナリストは、現代自は保守的なサプライチェーンマネジメントにより、世界的な半導体不足に他の自動車メーカーよりもうまく対処していると指摘する。

ただ、半導体不足の長期化やその他の部品供給問題は、現代自にも影響し始めており、4月には国内工場の1つで操業を一時停止した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up