for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米IBMが分社化発表、クラウド事業に注力へ

[8日 ロイター] - 米IBMは8日、従来事業からの多角化を図り、利益率の高いクラウド事業に注力する取り組みとして、2社に分割することを発表した。

データセンターの技術サポートなどアウトソーシングサービスを提供するITインフラサービス部門を2021年末までに別会社として分離し、上場させる計画だという。

今回の分社化を市場は好感しており、序盤の取引でIBM株は7%超上昇した。

クリシュナ最高経営責任者(CEO)は今回の決定について、創業109年となる同社のビジネスモデルにとって「大きな転換」になると述べた。

IBMは近年、ソフトウエア販売の減速やサーバーの季節需要を補完するために、クラウド事業の成長に軸足を移している。4月にロメッティ氏の後任としてCEOに就任したクリシュナ氏は、ソフトウエア事業とソリューション事業のポートフォリオが分社後の収益の大半を占めると述べた。

分社化に関連する費用は約25億ドルと想定。また、第3・四半期の売上高は176億ドル、1株当たり利益は2.58ドルと予想し、予想とほぼ一致した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up