July 18, 2018 / 11:57 PM / a month ago

IBM、第2四半期業績は予想超え クラウドなど好調

[18日 ロイター] - 米IBM(IBM.N)の第2・四半期決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。サイバーセキュリティーやクラウドコンピューティングなどの高利益率事業の業績が堅調だった。

 7月18日、米IBMの第2・四半期決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。写真は同社のロゴ。NY証券取引所で6月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

決算を受け、引け後の時間外取引でIBMの株価は約2.5%上昇した。

売上高は前年同期比約4%増の200億ドル。トムソン・ロイターI/B/E/Sがまとめたアナリスト予想の198億5000万ドルを上回った。増収は3四半期連続。

サイバーセキュリティー、クラウドコンピューティング、データ分析などの高利益率事業の売上高は15%増の101億ドル。IBMの総売上高の50%強を占めた。

純利益は24億ドル(1株当たり2.61ドル)と、前年同期の23億3000万ドル(同2.48ドル)から増加。特別項目を除く1株利益は3.08ドルで、アナリスト予想の3.04ドルを上回った。

営業粗利益率は47.1%から46.5%に低下した。

IBMはロメッティ最高経営責任者(CEO)の下、AI(人工知能)やクラウドなどを「戦略事業」と位置付け、強化に取り組んできた。

カバノー最高財務責任者(CFO)は、こうした取り組みが奏功しているとの見方を示し、「これらの高価値分野に注力することで、成長を加速させた」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below