February 11, 2015 / 10:13 PM / 3 years ago

アイカーン氏、現在124ドルのアップル「適正価格は216ドル」

[11日 ロイター] - 物言う投資家として知られるカール・アイカーン氏は11日、米アップル(AAPL.O)の適正株価水準は216ドルとなるとの見方を示した。アップル株はこの日の取引で124.92ドルと、最高値を更新しているが、これを大幅に上回る水準となる。

 2月11日、物言う投資家として知られるカール・アイカーン氏は、米アップルの適正株価水準は216ドルとなるとの見方を示した。アイカーン氏、ニューヨークで昨年2月撮影(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

アップルの時価総額は、現在の株価水準に基づくと約7000億ドル。216ドルの株価水準に基づくと1兆3000億ドルとなり、韓国の国内総生産(GDP)に匹敵する規模になる。

アイカーン氏は書簡で、アップルの株価は1株当たり利益の20倍の水準で取引されるべきで、1株当たり22ドルの純現金資産と合わせると、適正株価水準は216ドルとなると説明。「こうしたことを背景に、われわれは65億ドル相当のアップル株約5300万株を保有しており、1株たりとも売却していない」とした。

トムソン・ロイター・スターマインのバリュエーション測定法「イントリンシック・バリュー(本質的価値)」によると、アップルの適正株価水準は140.90ドル。

米株式市場でアップルはこの日の取引を前日終値比2.3%高の124.88ドルで終了した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below