August 25, 2014 / 6:28 AM / 4 years ago

「氷水バケツ」協力の消防士が重体、はしご車で放水後に感電

[22日 ロイター] - 米ケンタッキー州で21日、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の支援目的で氷水をかぶる「アイス・バケツ・チャレンジ」に協力していた消防士4人が負傷し、うち1人が重体となる事故が発生した。

同州のキャンベルズビル大学の学生による活動に協力していた消防士2人は、はしご車のかごから学生らに放水。その後、はしごを縮める際にかごが高圧線に接近して2人が感電し、トニー・グライダー隊長が重傷を負った。地上で救助にあたった消防士2人もはしごを通じて負傷。いずれも病院に搬送された。

警察は「初期捜査の情報によると、2人が放電距離まで近づいたために感電したとみられる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below