Reuters logo
北極と南極の海氷面積、1月は過去最小に=国連機関
2017年2月20日 / 03:45 / 9ヶ月後

北極と南極の海氷面積、1月は過去最小に=国連機関

[ジュネーブ 17日 ロイター] - 国連の世界気象機関(WMO)は17日、1月に北極と南極の両地方で海氷面積が過去最小になったと明らかにした。

 2月17日、国連の世界気象機関(WMO)は、1月に北極と南極の両地方で海氷面積が過去最小になったと明らかにした。1月の北極の海氷面積は1338万平方メートルで、前回過去最小となった昨年1月を26万平方メートル下回った。写真は12日南極のアルゼンチン・カルリーニ基地で撮影/Nicolas Misculin

今年1月の北極の海氷面積は1338万平方メートルで、前回過去最小となった昨年1月を26万平方メートル下回った。

世界気候研究計画(WCRP)のディレクター、デービッド・カールソン氏はジュネーブで行ったブリーフィングで「極端に温暖なのは北極だけなのに、両極の海氷面積が現時点で最小になっている現象は、極めて異例だ」と述べた。

ただ同氏は、より良い指標は地表の気温ではなく「統合的な海の温度分布」で、それは「際限なく上昇している」とし、「国際社会が対策を講じるべき時だ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below