Reuters logo
【中国の視点】ブラジルの貧困人口、景気後退で年内3000万弱に拡大も
2017年2月15日 / 00:14 / 9ヶ月後

【中国の視点】ブラジルの貧困人口、景気後退で年内3000万弱に拡大も


*09:09JST 【中国の視点】ブラジルの貧困人口、景気後退で年内3000万弱に拡大も
景気低迷が続いているブラジルでは、貧困人口が大幅に増加する可能性が高いと警戒されている。世界銀行が発表した最新リポートでは、月収140レアル(約5000円)という貧困ライン以下に転落するブラジル国民が年末までに約360万人が増加するという予想が示された。予想通りなら年末までの貧困人口は2960万人に拡大する見通しだ。

また、世銀は、低収入世帯が受ける「生活補助金」も景気後退で影響を受けていると指摘。年末までに116万世帯が新たに補助対象になると予測した。

ブラジル中央銀行がエコノミスト約100人を対象に実施した最新調査では、今年の成長率が0.48%、インフレ率が4.47%になるという結果が示された。2015年のブラジルの成長率はマイナス3.8%となり、2016年はマイナス3.5%になると予測されている。

中国の専門家は、テメル政権が進めている構造・財政改革について、着実に実施しなければ経済の建て直しが困難だとの見方を示した。また、これは2018年の大統領選挙にも影響を与えると指摘されている。なお、2016年10月に行われた地方選挙では、連立与党が躍進し、テメル政権が進める構造改革などへの追い風になると期待されている。
《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below