Reuters logo
【中国の視点】原油と金相場、米国のシリア攻撃で当面高止まりか
2017年4月11日 / 00:16 / 8ヶ月前

【中国の視点】原油と金相場、米国のシリア攻撃で当面高止まりか


*09:13JST 【中国の視点】原油と金相場、米国のシリア攻撃で当面高止まりか
米軍は6日、シリア空軍基地をミサイル攻撃した。シリアのアサド政権が反体制武装勢力に対して何度も化学兵器を使用したことが攻撃の理由として挙げられた。

米軍によるシリアの攻撃を受け、原油と金価格はともに上昇した。中国の専門家は、今後の原油価格の見通しについて、1バレル当たり50米ドル前後で推移する可能性があるとの見方を示した。この価格なら米国産シェールオイルの採算が取れるため、市場シェアの拡大につながる。また、消費者側もこの価格なら受け入れられやすいと指摘した。

専門家は、アサド政権を支援するロシアとイラン政府がともに米国のシリア攻撃を「容認できない」との認識で一致しており、こうした地政学的リスクがしばらく継続する可能性があると予測した。また、金価格について、リスク回避的な買いからしばらく安定的に推移すると予測されている。

ただ、アフガニスタン紛争とイラク戦争が米国の財政状況を大幅に悪化させた経緯があり、今回のシリア問題がイラク戦争などのように長引く可能性が低いとの見方が優勢になっている。そのため、金と原油価格の中長期的な見通しの不透明感依然残されていると指摘された。
《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below