Reuters logo
【中国の視点】日本電機メーカー:家電部門売却は事業転換の一環、ブランド崩れず
2017年4月26日 / 00:16 / 8ヶ月前

【中国の視点】日本電機メーカー:家電部門売却は事業転換の一環、ブランド崩れず


*09:13JST 【中国の視点】日本電機メーカー:家電部門売却は事業転換の一環、ブランド崩れず
シャープ6753や東芝6502など日本の大手電機メーカーは相次いで家電部門を中国の白物家電メーカーなどに売却していた。世界の家電市場における中国や韓国企業のシェア拡大に加え、コスト面で日本メーカーは不利な立場に追い込まれていることが背景になる。

統計によると、2015年の世界の液晶テレビ市場において、韓国や中国、日本メーカーのシェアはそれぞれ32.5%、29.9%、14.2%となった。2016年には中国メーカーのシェアは33.9%まで拡大したとは対照的に日本メーカーのシェアは11.7%まで低下。また、2017年の日本メーカーのシェアは8.9%まで縮小すると予測されている。

ただ、中国の専門家は、日本の大手電機メーカーによる家電部門の売却について、事業転換の一環だとの見方を示した。日本メーカーは付加価値の高いハイテク分野などに集中し、海外市場では主に商標権のライセンス契約を結んでいると指摘した。

また、日本メーカーのブランド力について、引き続き世界に影響を与えていると強調された。知名度において、中国メーカーなどはなお努力が必要だと指摘された。

専門家は、日本メーカーは家電の製造・販売などから徐々に撤退し、川上分野に集中しているほか、付加価値の高いB2B(法人向け)業務に重点を置いていると指摘。日本の電気メーカーは現在多岐にわたる事業展開で、電機メーカーよりもコングロマリット企業に成長していると評価した。
《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below