Reuters logo
【中国の視点】米ドルの後半戦、不確実なトランプ政策で下落予想がやや優勢
2017年7月6日 / 03:37 / 5ヶ月後

【中国の視点】米ドルの後半戦、不確実なトランプ政策で下落予想がやや優勢


*12:33JST 【中国の視点】米ドルの後半戦、不確実なトランプ政策で下落予想がやや優勢
不確実性が高まるトランプ経済政策を受け、今年下期の米ドルの値動きに対し、米ドル安が進行するとの見方がやや優勢になっている。

中国の専門家は、「米国第一主義」を唱えるトランプ経済政策について、輸入企業や消費拡大に寄与するものの、輸出に依存している米製造業を打撃するため、強い米ドルが継続する環境は整っていないと指摘した。また、各国の中央銀行が自国の金融政策をやや引き締め路線に傾いているため、これも米ドルの上値を押さえる可能性が高いと予測した。

ほかに、トランプ政権の財政政策が市場予想ほど拡張していないほか、米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決も見送られたため、米財政政策や税制改革計画の打ち出す時期が遅れると懸念する投資家も少なくないと強調されている。

国際通貨基金(IMF)はこのほど、トランプ政権の財政刺激策の不明瞭さを指摘し、今年と来年の米成長予想を2.1%まで引き下げた。

中国の政府系シンクタンクである社会科学院は、トランプ経済政策の不確定性と矛盾性を指摘。また、米国の減税や貿易、投資など重要な政策決定がはっきりされていないため、これが米ドルの先行き不透明感を強めるとの見方を示した。ただ、社会科学院は、米ドルが下落に転じると判断するのは時期尚早だと強調した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below