Reuters logo
【中国の視点】アルミ国際価格、中国の生産抑制で上昇の可能性も
2017年8月30日 / 01:29 / 3ヶ月前

【中国の視点】アルミ国際価格、中国の生産抑制で上昇の可能性も


*10:20JST 【中国の視点】アルミ国際価格、中国の生産抑制で上昇の可能性も
アルミニウムの国際価格は今年に入ってから緩やかな上昇傾向を維持している。米中の需要増が価格を押し上げているほか、中国における生産抑制も価格上昇の一因だとみられている。

過剰生産を抑制するとの中国の政府方針に加え、環境意識が高まっていることが背景にある。世界最大となるアルミ製造会社である中国宏橋が環境基準などに満たさない製造拠点を閉鎖すると報じられた。閉鎖する拠点の年産能力は268万トンとなり、同社の年産能力の30%に相当する。

また、華北地域の環境汚染を軽減させるため、アルミや鉄鋼などの生産抑制が一段と進められると予測されている。

エコノミストは、2017年に入ってから需要の増加が生産の増加を上回っていると指摘。これがアルミ業界の稼働率と価格を押し上げていると分析している。アルミ価格について、今年10-12月期に一段と上昇すると予測した。

ただ、中国のアルミ在庫が今年に入ってから4倍以上に膨らんでおり、大幅な上昇が見込まれないとの見方も出ている。

なお、上海先物取引所のアルミ先物は今月24日、1トン当たり1万6650元(約27万4000円)まで上昇し、終値ベースでは2011年以来の高値を更新した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below