Reuters logo
【中国の視点】韓国車:中国市場でのシェアは激減、THAAD配備は依然影響
September 20, 2017 / 10:56 PM / 3 months ago

【中国の視点】韓国車:中国市場でのシェアは激減、THAAD配備は依然影響


*07:51JST 【中国の視点】韓国車:中国市場でのシェアは激減、THAAD配備は依然影響
中国の自動車市場に占める韓国メーカーのシェアは縮小し続けている。最新報告によると、韓国を代表する自動車大手ヒュンダイ自動車と起亜自動車の合計販売台数は8月に7万6010台まで落ち込み、前年同月の12万4116台を大幅に下回ったという。今年1-8月の2社の販売台数は57万6974台となり、前年同期比で44.7%減少した。

これとは対照的に、中国メーカーの販売台数が大幅に伸びており、7月だけの販売台数は1530万台に拡大したと報告された。

専門家は、中国における韓国車の市場シェアの急速縮小について、韓国政府が米国の高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」の配備を決定したことによる悪影響が継続していると指摘。また、中国企業の技術発展が想像以上に進んでおり、これも韓国企業にとって脅威であると強調した。

韓国におけるTHAADの配備が中韓関係の緊張感を高めているほか、韓国の旅行業もそれによって打撃を受けていると指摘されている。韓国経済研究院が発表した最新リポートで、THAADの配置による経済への悪影響が継続した場合、韓国を訪れる中国旅行客数は年内798万9000人減少すると予測し、これに伴う経済損失は18兆1000億ウォン(約1兆8100億円)になるとの見方を示した。

このほか、THAADの配備が決定されてから中韓両国の貿易と投資額の縮小も目立っている。韓国税関の統計によると、今年3月の両国間の貿易額は204億米ドル(約2兆2925億円)に上ったが、7月は185億米ドルまで低下した。中でも自動車部品の輸出が受ける悪影響がもっとも深刻で、前年同月比で58%減少したという。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below