Reuters logo
【中国の視点】過剰流動性が生んだ住宅バブル、中国経済を危険にさらす
October 12, 2017 / 6:09 AM / 2 months ago

【中国の視点】過剰流動性が生んだ住宅バブル、中国経済を危険にさらす


*15:05JST 【中国の視点】過剰流動性が生んだ住宅バブル、中国経済を危険にさらす
国際通貨基金(IMF)は8月15日に発表した中国経済の年次報告の中で、中国政府が進めている債務の圧縮について、大きな前進を見込めないとの見方を示した。国内総生産(GDP)に対する金融部門以外の負債残高の比率について、2016年の235%から2022年の290%まで上昇すると予測した。

IMFは、世界経済の過去の経験則からみると、中国のマネーサプライの軌跡が危険であると警告。これが経済バランスを破壊するほか、成長減速のリスクを高めるとの見方を示した。

中国の専門家は、中国経済が企業債務問題のほか、不動産価格の急騰など危険の要素も抱えていると指摘した。広東省深セン市の標準のファミリータイプ住宅価格は約80万米ドル(約8960万円)となり、年収の70倍に相当し、世界の中で2位の高さになっていると強調した。過剰流動性が住宅バブルを引き起こした主因だと分析。こうした資金は実体経済に流れず、住宅や金融市場などに流入しているためだ。

専門家は、バブルがいつか崩壊すると警告。中国政府は現在こうした問題の解決に向けてさまざまな対策を講じていると指摘した。

ただ、住宅高騰などを含めて当局の対応がやや遅れているとの見方も浮上している。中国政府は慎重に対処しなければ、中国経済がハードランディング(硬着陸)に陥る可能性があると警告された。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below