Reuters logo
【中国の視点】中国は13年ぶり外貨建て国債発行、「金融開放」推進へ
2017年10月26日 / 00:36 / 24日後

【中国の視点】中国は13年ぶり外貨建て国債発行、「金融開放」推進へ


*09:30JST 【中国の視点】中国は13年ぶり外貨建て国債発行、「金融開放」推進へ
中国の財政部はこのほど、総額20億米ドル(約2280億円)の米ドル建て国債を香港で発行した。今回の国債は海外の格付け機関による格付けされなかったが、投資家による購入の申し込みが相次いでいた。

中国による外貨建て国債の発行は13年ぶりとなる。財政部は、外貨建て国債の発行について、金融業の対外開放を推進するには重要な取り組みだと指摘したほか、金融業の対内・対外開放にとって重要な意味を持っていると強調した。

また、中国の交通銀行も最新リポートで、米ドル中国国債の発行について、国内外の投資家に投資商品及びリスク回避のツールを提供していると指摘。国際金融市場における金融商品の提供を通じて海外投資家にも中国経済の発展を享受できるとの見方を示した。

専門家は、米ドルなど外貨建て国債の発行が金融業の対外開放を促進するほか、中国経済に対する海外投資家の理解を深めることができるとの見方を示した。また、政府の債務構造の向上などにも寄与と強調した。

なお、中国政府が発行した外債残高は2016年末には181億米ドルとなり、国債残高の1.06%に相当する。また、外債の中で外貨建て国債は全体の15%にとどまり、世界平均的な水準を大幅に下回っている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below