Reuters logo
【中国の視点】汚染は戦争や天災より怖い、年900万人の命を奪う
2017年11月3日 / 02:31 / 22日前

【中国の視点】汚染は戦争や天災より怖い、年900万人の命を奪う


*11:25JST 【中国の視点】汚染は戦争や天災より怖い、年900万人の命を奪う
医学雑誌「ランセット」が発表した最新リポートによると、2015年汚染で命を失った人々は世界範囲で約900万人に上ったという。これは疾病などで早死した患者の6分の1を占めていた。また、汚染に関連した財務支出も巨額で、全世界で年4兆6000億米ドル(約524億円)に上ったというデータも示された。これは世界の経済総量の6.2%に相当する。

報告の中では、900万人というデータが一部の統計で、汚染被害で年間死亡した人数が900万人を大幅に上回る可能性が高いと指摘された。

また、アジアとアフリカの汚染は最も深刻であることも示された。中でもインドがワースト1だと指摘された。インドで早死した患者の中で、4人の1人は汚染によるものだと報告された。年間は250万人に上る。バングラデシュやパキスタン、北朝鮮、南スーダン、ハイチではその割合は5分の1になる。

こうした汚染被害が最貧困層に集中していると報告されている。貧困国の92%の死亡が汚染に関連しているとのデータが示されている。これら国々の指導者は貧困からの脱却や経済発展を優先するため、環境規制を緩めている背景がある。

中国の専門家は、中国を含む新興国もこうした道を歩んで来たと指摘。汚染で病気になった人々が経済発展に貢献できない上、医療ケアが必要になるため、経済発展する上で高額なコストになると強調した。

なお、世界銀行は今年4月、各種汚染の減少がこれから全世界の重要な課題になると発言。また、汚染問題に関する第1回の国際連合会議は今年12月に開催される見通しだ。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below