December 21, 2017 / 6:55 AM / 6 months ago

【中国の視点】中国の固定資産税、20年から徴収開始も


*15:53JST 【中国の視点】中国の固定資産税、20年から徴収開始も
中国の固定資産税の徴収開始時期について、2020年からの可能性が高まっている。今月18日に開幕した来年のマクロ政策を決定する重要会議である「中央経済工作会議」では、不動産市場の健康発展を促進するため、長期的な不動産市場の安定抑制策が必要だとの方針が明確された。

業界関係者の間では、固定資産税が長期的な安定抑制策になるとの見方が優勢になっている。また、財政部の肖捷部長もこのほど、「法律の制定を優先し、地方政府に権限を与え、順次実施していく」との政府方針に沿って固定資産税の法律制定を優先的に実施すると発言した。固定資産税の徴収方法について、住宅の評価額を基準に徴収する方針を示した。

JPモルガン・チェース(JPM)のチーフエコノミスト朱海斌氏は、固定資産税の徴収に関する法律制定について、2018年から着手されるとの見方を示した。また、国内の調査機関は、法律の制定完了時期について、2019年までになると予測。住宅の登記作業が完了した場合、固定資産税の徴収が2020年から開始するとの見方を示した。

北京大学の国家発展研究院のヨウ洋院長はこのほど、マクロ調整や地域間の不公平を縮小させるため、固定資産税の導入がもっとも効果的な手段だと指摘した。同税収の導入が投機的な取引を抑制できるほか、仕事に対する国民の積極性を高める効果があると強調した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below