December 27, 2017 / 12:15 AM / 6 months ago

【中国の視点】「ビットコイン・バブル」、崩壊でも金融危機は発生しない


*09:10JST 【中国の視点】「ビットコイン・バブル」、崩壊でも金融危機は発生しない
仮想通貨「ビットコイン」は12月に入ってから激しい動きを示している。12月17日に2万米ドル台に乗せた後は大幅に下落し、直近7営業日では30%の下落を記録。これを受け、米国最大の仮想通貨取引サイトであるコイン・ベースは一時的に取引を中止した。

現時点ではビットコインの価値を測る方法はないため、ビットコインはバブル状態にあるとは言えないとの見方も出ている。ビットコインの価格について、今後の需給バランスなどによって決まると指摘されている。

一方、ビットコインは今年初め、1コインあたり1000米ドル以下から現在の約1万6000米ドルまで上昇し、1年以内で16倍に暴騰。これを受け、ビットコインの暴騰は根拠なき熱狂だとの見方も出ている。これはオランダで起きたチューリップ・バブルや90年代末のインターネット・バブル、米国のサブプライム住宅ローン危機と同じだと警戒の声も出ている。ビットコインの急騰について、米当局がビットコイン先物の上場を認可したことが主因だと分析されている。

中国の専門家は、ビットコインが急騰してバブル状態に入っている可能性があるとの見方を示した。ただ、ビットコイン・バブルが仮に崩壊しても金融危機は発生しないと指摘。ほかの金融市場に比べてビットコインの市場規模が小さい上、1日当たりの取引額は100億米ドル前後にとどまると強調した。また、大型金融機関によるビットコインの取引参加が確認されてないため、仮にビットコイン・バブルが崩壊しても金融市場の安定性を脅かす存在ではないとの見方を示した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below