January 11, 2018 / 4:25 AM / 5 months ago

【中国の視点】ブラジルのインフレ率:17年は19年ぶり低水準、追加利下げも


*13:18JST 【中国の視点】ブラジルのインフレ率:17年は19年ぶり低水準、追加利下げも
ブラジル地理統計院は10日、2017年のインフレ率が2.95%となり、2016年の6.29%を大幅に下回ったと発表した。これは19年ぶりの低水準を記録したほか、年初に設定されたインフレ目標3-6%をクリアした。

インフレ率の低下を受け、ブラジル中央銀行は同日、今後はマクロ経済の運行状況やインフレ率などを見極め、基準金利を調整すると示唆した。なお、ブラジルのインフレ率はここ数年、高いレベルを継続していた。2015年のインフレ率は10.67%まで加速。中銀は昨年12月6日、政策金利であるセリック金利を50bp(ベーシスポイント)引き下げ、過去最低となる7.00%とした。

また、ブラジル政府は10日、ブラジル経済がすでに景気後退から脱却しており、インフレ率の低下が経済発展に好影響をもたらすとの見方を示した。

一方、中国の専門家は、ブラジルのテメル政権が進めている年金改革案について、予想より遅れていると指摘。年金改革案が議会で採決されなければ、同国が格下げされる可能性が高いとの懸念を示した。これは財政再建に悪影響を与えるほか、健全な経済発展の足かせになると警告した。

なお、ブラジル政府は昨年12月、昨年内に予定されていた年金改革案の採決を2018年2月に延期すると発表した。与党の議員などからの反発で、与党内の結束力が乱れる懸念が高まっていることが背景にある。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below