March 1, 2018 / 1:14 AM / 4 months ago

【中国の視点】北京市などの住宅成約件数が急減、中信銀は不動産担保ローン一時停止


*10:07JST 【中国の視点】北京市などの住宅成約件数が急減、中信銀は不動産担保ローン一時停止
北京市や天津市の住宅成約件数が急減している。統計によると、2017年の北京市の住宅販売面積は875万平方メートル(平米)となり、前年比で47.8%減少したという。2017年の天津市の成約面積は同45.3%縮小したと報告された。

ほかに、北京市の中古住宅価格が8カ月連続で下落しているとも報じられている。2017年3月に新たな住宅引き締め策が実施されたことが成約件数の急減につながっているとみられている。また、住宅価格が今年から本格的に下落する恐れがあるとも予測されている。

業界専門家は、今年の元旦に発表された新たな引き締め策(新築住宅購入後2-5年の売却はできない)について、投機的な資金を不動産市場から遠ざからせると指摘。この引き締め策は約50都市に導入されているため、不動産投資のリスクが一気に高まるとの見方を示した。中国の主要都市の不動産市場がバブル化していると言われており、住宅市場に投資資金の流入がなければ、価格が急落する可能性があると警告されている。

また、大手銀行の中信銀行は28日、北京市周辺の不動産担当ローン業務を6カ月停止することを明らかにした。一時停止する理由について、政府が実施している住宅購入規定に沿っていると説明した。ただ、中信銀行の措置について、住宅価格の急落を警戒しているとの見方が広がっている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below