May 24, 2018 / 3:30 AM / 3 months ago

【中国の視点】新興国で通貨安の連鎖、トルコが緊急利上げ


*12:26JST 【中国の視点】新興国で通貨安の連鎖、トルコが緊急利上げ
トルコ中央銀行はきのう23日、臨時の金融政策決定会合を開催し、LLW金利(後期流動性貸出金利)を3.0%引き上げ年16.5%にすると発表した。米ドル高の進行に伴うトルコ・リラなどの新興国通貨安の連鎖が背景にある。

これより先、インドネシア中央銀行は17日、4年ぶりの利上げに踏み切った。また、ブラジル中央銀行も利下げの打ち止めを示唆していた。ブラジル通貨のレアルは対米ドルの為替レートは過去最低水準で推移している。ほかに、インド準備銀行(中央銀行)も利上げに踏み切るとみられている。原油高の進行に伴うインフレ率の加速観測や通貨ルピー安の進行などが背景にある。なお、ルピーの対米ドル為替レートは23日、約17カ月ぶりのルピー安を記録した。

中国の専門家は、米ドル高の進行を受け、新興国からの資金流出が目立っていると指摘。なかでも経常赤字が大きくて高水準な米ドル負債、原油輸入の依存率が高く、不安定な政治環境を抱えている国からの外資流出が加速する恐れがあると警告した。

なお、23日に公表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、堅調な経済見通しを受け、大半の当局者が近く利上げの必要があるとの認識を示した。また、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のFedWatchが示したデータによると、6月の利上げ確率は90%、9月の追加利上げ確率は66%、年内4回の利上げ確率は40%になるという。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below