June 6, 2018 / 4:39 AM / 4 months ago

【中国の視点】シャープ:東芝のPC事業買収、シェア挽回は困難も


*13:32JST 【中国の視点】シャープ:東芝のPC事業買収、シェア挽回は困難も
東芝は5日、傘下のパソコン(PC)事業をシャープに譲渡することを決定したと発表した。子会社である東芝クライアントソリューション(TCS)の株式80.1%をシャープに売却し、売却手続きは10月1日に完成する予定だという。

シャープは2016年3月、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が提示した買収計画を受け入れ、2017年度には黒字転換を実現した。ただ、PCの生産はすでに2010年に撤退した。

中国の専門家は、世界のPC大手5社が現在、すでに全世界の市場シェアの7割以上を握っていると指摘。また、ここ数年のPC市場の出荷量が年々減少しているため、シャープがこの時期に再びPC市場に参入しても、以前の市場シェアを挽回することが困難だとの見方を示した。

統計によると、PC市場の成長率は2002-11年の間に2ケタを維持したが、2011年の成長率は前年の13.8%から0.5%に激減したという。また、欧州経済の不確実性や北米地域の伸び鈍化などが新興市場のPC需要増を相殺しており、世界のPC消費量が伸び悩んでいる状態だと指摘された。

業界専門家は、個人消費者がPCよりもタブレット商品を好む傾向があるため、企業以外のPC需要がこれからもじりじりと減少していくと予測した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below