July 19, 2018 / 5:17 AM / 3 months ago

【中国の視点】新興国市場、今年後半は上昇トレンド乗る可能性も


*14:13JST 【中国の視点】新興国市場、今年後半は上昇トレンド乗る可能性も
新興国通貨・株式市場はここ数カ月、軟調な値動きを示している。米利上げに伴う米ドル高が投資資金を新興国市場から撤退させていることが背景にある。

ただ、米ドル大幅上昇の持続期間について、約3-8カ月という経験則から、新興国通貨・株式市場がそろそろ底を打つとの見方が広がっている。また、今年後半から新興国市場への資金投入を計画している海外機関投資家が相次いでいるとも報じられている。

中国のエコノミストは、先進国への大量資金の逆流について、過剰流動性につながる恐れがあると指摘。これが金融政策の正常化や構造改革の実施を妨害する可能性があると強調した。こうした流れを適切に止めなければ、先進国の資産バブルを引き起こすと警告した。

海外機関投資家は、新興国のファンダメンタルズが安定していると指摘。これが金利上昇や米景気後退がもたらす悪影響を吸収することができると強調した。これに加え、株式市場の値ごろ感が強いため、今年後半は外資の流入が確認されれば、新興国市場が2ケタ上昇する公算が大きいとの見方を示した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below