July 26, 2018 / 5:32 AM / 3 months ago

【中国の視点】ブラジル景気先行きに不透明感、IMFが成長予想下方修正


*14:25JST 【中国の視点】ブラジル景気先行きに不透明感、IMFが成長予想下方修正
国際通貨基金(IMF)は最新リポートで、2018年のブラジル経済成長予想を0.5%引き下げ、1.8%とした。原油価格の上昇や米ドル高の進行、国内政治環境の不確定性などが指摘された。また、ブラジル中央銀行が16日に発表した週次景気動向調査結果では、2018年のブラジル成長予想も1.5%に下方修正された。

中国の専門家は、5月末に実施されたブラジルトラック連盟のストライキがブラジルの工業発展や輸出、消費者信頼感、輸送コストなどに悪影響を与えたと指摘。また、10月に行われる大統領選挙について、これまで最も不確定性が高い選挙だと指摘し、これも経済に悪影響を与えると強調した。

このほか、通貨レアル安の進行などもブラジルへの資金流入を遅らせていると分析されている。レアルの対米ドル為替レートは年初から約20%下落しており、2016年3月以来の低水準で推移している。

最新報告では、失業率の高止まりがブラジルの家計を圧迫しているという結果が示された。約13%のブラジル国民が貯蓄を崩して家計の支出を補っていると報告されている。ブラジル地理統計資料院(IBGE)が発表した5月の失業率は12.7%まで上昇し、失業人口は1320万人に拡大した。

ただ、専門家は、景気回復が遅れているものの、ブラジル経済が昨年から着実に回復していると強調した。大統領選挙が終了した後の政治環境も安定するため、来年の成長ペースが一段と回復すると予測した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below