August 27, 2018 / 1:38 AM / 3 months ago

【中国の視点】トヨタなど日系自動車メーカー、中国市場再び重視


*10:31JST 【中国の視点】トヨタなど日系自動車メーカー、中国市場再び重視
トヨタ7203やホンダ7267、日産自7201など日系自動車メーカーは中国市場を重視する姿勢を再び強めている。中国メディアによると、トヨタや本土、日産は中国での生産能力を拡大させる方針を相次いで決定したという。また、2018年の中国における日系メーカーの販売台数は初めて日本国内を上回るとも予測されている。

日系メーカーは中国市場を再び重視する姿勢について、中国の専門家はこう分析している。◆日系自動車メーカーにとってもっとも重要な市場である米国市場の不確定性が高まっていると指摘。リーマン・ショック後の米国経済の回復に伴う新車需要の拡大は2016年にピークを迎えていた背景がある。◆欧州市場について、英国の欧州連合(EU)離脱問題が市場の不透明性を高めていると強調。◆東南アジア市場での増加は継続しているものの、日系メーカーのシェアはすでに大きいため、拡大余地が限られていると分析している。◆拡大ペースが高いインド市場では、スズキ7269を除いてほかの日系メーカーの出遅れが目立っている背景はある。◆中国でのシェア拡大はほかの市場にも好影響を与えるという点も挙げられている。

なお、トヨタは中国で新たな設計改革「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を進めており、2020年までに7割の自動車はこの方式を採用する方針を打ち出している。また、日産は中国で新たな拠点を整備するほか、現生産拠点の生産能力も拡大させる計画だ。日産は2020年までに乗用車の生産能力を3割引き上げる方針を示している。ホンダは昨年末から生産能力を拡大させており、2019年の生産能力は現在から2割引き上げる目標を掲げている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below