November 13, 2018 / 12:55 AM / a month ago

【中国の視点】香港の李嘉誠ファミリー、中国からの資金撤退否定も海外買収継続


*09:50JST 【中国の視点】香港の李嘉誠ファミリー、中国からの資金撤退否定も海外買収継続
オーストラリア政府はこのほど、香港の富豪である李嘉誠氏が率いる長江実業集団が申請した同国の天然ガス最大手APAグループの買収計画について、国家安全保障上の問題で承認を見送ると発表した。最終結果は2週間以内に公表される予定だ。

一方、長江実業は、APAグループ買収計画の却下について、豪政府が長江実業グループを歓迎しないことを意味しないと指摘。豪政府が長江実業グループによる豪企業への投資に伴う同国への経済貢献を歓迎していると改めて強調した。

長江実業はオーストラリアのほか、英国などのエネルギー企業も相次いで買収していた。一部メディアの統計では、直近5年の李ファミリーによる海外への投資額は4800億HKドル(約6兆9840億円)に上っているという結果が示された。これとは対照的に中国本土から約1700億HKドルの資産を引き揚げていた。李ファミリーの行動について、中国のネット上で批判の声が広がっている。

一方、長江実業は、中国本土での商業不動産の投資を大幅に縮小しているものの、小売業への投資を拡大していると強調。長江実業が中国本土や香港からの資金引き揚げを加速しているとの報道を否定した。

ただ、中国メディアは、長江実業が中国からの資金引き揚げを否定しているものの、海外での投資を着実に拡大していることが事実だと指摘した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below