November 21, 2018 / 12:52 AM / a month ago

【中国の視点】東南アジアのネット経済:25年は27兆円も、中国IT企業すでに布石


*09:47JST 【中国の視点】東南アジアのネット経済:25年は27兆円も、中国IT企業すでに布石
人口密度が比較的に高い東南アジアのネット経済が向こう数年は急速に拡大する可能性が高まっている。グーグルなどが発表した最新リポートでは、2025年までの東南アジアのネット経済規模は2400億米ドル(約27兆円)まで拡大するという予測が出ている。

調査対象はシンガポール、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイ、フィリピンの6カ国となる。タクシー配車アプリや電子商取引(EC)、オンライン旅行、デリバリー、音楽、動画などがこれから大幅に拡大するとみられ、中でもECの伸び率がもっとも速いと予想されている。

今年の東南アジアEC業界の伸び率は100%以上になると予測され、2025年までに1000億米ドルまで拡大するとみられている。中でも人口がもっとも多いインドネシアのEC成長が期待され、市場規模はこれら6カ国の50%を占めると予測されている。

ソフトバンクなど世界IT大手がインドを中心に投資を拡大しているとは対照的に、中国のIT大手は東南アジアへの投資に重心を置いているといわれている。これに加え、中国政府の巨大経済圏構想「一帯一路」の推進に伴い、今後は東南アジアだけでなく、一帯一路沿線の国・地域における中国企業の進出も加速するとみられている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below