January 8, 2019 / 2:14 AM / 5 months ago

【中国の視点】韓国の景気低迷は続く、製造業の低迷は経済を打撃


*11:06JST 【中国の視点】韓国の景気低迷は続く、製造業の低迷は経済を打撃
韓国の最新世論調査によると、文在寅大統領の支持率は47.9%となり、前週をやや上回ったが、引き続き50%を下回っている。富の不均衡分配が拡大していることや、景気の先行き不安が高まっていることなどが背景にある。

韓国銀行(中央銀行)が発表した統計では、2018年7-9月期の国内総生産(GDP)成長率は3.1%となり、前期からわずかの0.6%の増加となった。また、2019年の成長率について、前年を下回って2.2-2.4%になると予測されている。

政府が発表したデータによると、首都ソウル市だけで昨年は2万4000社の零細企業が倒産に追い込まれたという。また、新卒などの就職戦線も厳しいと報告されている。

中国の専門家は、韓国経済を支える製造業の低迷が同国経済を打撃していると指摘した。製造業の中で最もウエートの高いIT/電子と自動車産業の落ち込みが同産業の足かせとなっている。自動車大手の現代(ヒュンダイ)グループは12月中旬、18年7-9月期の純利益が前年同期比で67.4%減少したと発表。また、中国市場における韓国製携帯電話や電子部品のウエート縮小、中国企業の成長加速なども韓国のIT/電子産業の経営環境を悪化させている。

こうした状況の中、韓国政府は企業による新興産業への参入を奨励するほか、海外に進出している韓国製造業の自国回帰などを勧めている。また、国内の通信大手3社と提携し、一部地区で第5世代移動通信システム(5G)技術の商用化を進めさせる方針も示した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below