January 16, 2019 / 1:15 AM / 3 months ago

【中国の視点】世界景気、19年も楽観できない


*10:14JST 【中国の視点】世界景気、19年も楽観できない
世界銀行は発表した最新リポートでは、国際貿易や投資の伸び鈍化、国・地域間の貿易摩擦の高まり、新興国が直面している金融・通貨危機など一連のリスクを受け、2019年の世界経済の先行きが楽観できないとの見方が示された。

世銀は、過去4年において、低所得国の政府負債額が国内総生産(GDP)に占める割合はこれまでの30%から50%に拡大していると指摘。これにより、借金の利払い費が増加するため、金利が上昇した場合、政府の返済圧力も強まると警告した。

中国税関当局が発表したデータによると、2018年の対米輸出入額は4兆1800億元(約67兆2144億円)となり、前年比で5.7%増加したという。対米輸出・輸入額は、それぞれ3兆1600億元、1兆200億元となり、前年比でそれぞれ8.6%増、2.3%減となった。対米の貿易黒字は2兆1400億元となり、前年比で14.7%拡大した。

中国の専門家は、対米貿易黒字が18年に2ケタ増加したと指摘。これに伴う米中貿易摩擦が簡単に解消されないとの見方を示した。また、米中貿易戦争の一段激化が世界景気にも悪影響を与えるため、世界経済の先行き不透明感が19年にも継続すると強調した。

なお、中国海関総署(税関)の李魁文報道官は14日の記者会見で、2019年は輸出入の拡大ペースが鈍化するとの見通しを示した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below