January 23, 2019 / 1:03 AM / 6 months ago

【中国の視点】ブレグジット、期限延長の可能性大


*09:55JST 【中国の視点】ブレグジット、期限延長の可能性大
英国下院は16日、英国が欧州連合(EU)と合意したEU離脱案(ブレグジット)について、反対多数で否決した。一方、最大野党・労働党が提出したメイ内閣の不信任案は事前予想通り否決された。

一部メディアによると、EUは3月のブレグジットが現実的でないと認識しており、メイ首相の辞任が回避できれば、7月までの延長を認める方向で進めているという。また、海外メディアは、EU側がブレグジットを2020年まで延長させることを検討しているとも報じている。

中国の専門家は、ブレグジットについて、予定されている3月の離脱期限が延長される可能性が高いとの見方を示した。労働党が合意なしのEU離脱を反対しているため、同選択肢になる可能性が低いとみられている。

また、専門家は、下院で否決されたことがメイ首相をEUとの再交渉を迫るためだとの見方を示し、EUが自身の利益のため、条件を緩むことも考えられると指摘。それに応して、英国の議員もハードルを下げる公算が大きいと予測した。

一方、専門家は、EUが譲歩せず、新しい期限に間に合わず、英国民の再投票もありうるとの一部の報道について、可能性が低いとの見方を示した。

なお、英国の商業界は、EU離脱をめぐる不安定な政治環境がビジネス環境を悪化させていると批判。また、不安定な政治環境がしばらく継続するとの悲観的な見方は優勢になっている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below