February 7, 2019 / 3:17 AM / 11 days ago

【中国の視点】サウジ:ロシアなどと協力強化へ、原油価格影響力の維持が狙い


*12:12JST 【中国の視点】サウジ:ロシアなどと協力強化へ、原油価格影響力の維持が狙い
サウジアラビアはロシアが主導する産油国10カ国との協力強化を模索しているもようだ。来週ウィーンで開催される予定となる石油輸出国機構(OPEC)と産油国10カ国の会合を控え、サウジやアラブ首長国連邦(UAE)などOPECのメンバーは、ロシアなど産油国と正式な同盟関係の構築を目指している。

米国の原油生産量は昨年世界トップに上り詰めた。これにより、米国やサウジ(産油量は世界2位)、ロシア(産油量は世界3位)の三カ国が世界の原油価格を左右する主役となる。サウジはロシアなど産油10カ国との同盟関係の構築ができれば、米国の生産量の増加圧力は緩和される。また、世界の原油価格に対するサウジなどの影響力は維持されるとみられている。

ただ、OPECの加盟国であるイランはロシアとサウジの協力強化に難色を示している。両国の協力関係で原油価格への影響力が高まり、米国の制裁を受けているイランは一段と不利な立場に立たされると警戒されている。なお、米国は2016年12月、イラン制裁法を10年間延長する法案を可決していた。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below