March 1, 2019 / 2:23 AM / 24 days ago

【中国の視点】米中通商交渉に再び暗雲か、世界景気に悪影響も


*11:16JST 【中国の視点】米中通商交渉に再び暗雲か、世界景気に悪影響も
海外メディアによると、継続されている米中通商交渉について、難航しているという。詳細な内容は確認されていないが、2月28日の中国や香港市場では、これまで上昇してきた通信やIT関連に売りが広がった。

今回の協議について、中国は輸出の拡大を受け入れると予測され、米国側が主張している中国による技術移転の強要、知的財産の窃取、国営企業の補助金問題などについて、大きな前進が見込めないとの見方は優勢になっている。米中通商協議は簡単に合意することが困難だと指摘されている。

専門家は、米中通商協議の難航がほかの国・地域にも悪影響を与えるため、世界経済の成長ペースが一段と鈍化する可能性があるとの見方を示した。ただ、世界経済が停滞する可能性が低いと強調されている。

これより先、世界銀行は2019年の米国経済の成長率が18年から0.4%減速し、2.5%になると予測。19年の新興国経済の成長率は4.2%、先進国の成長率は2%になると予想されている。

また、国際通貨基金(IMF)も今年1月、2019年、20年の世界経済の成長予想を昨年10月に予測した3.7%、3.7%から3.5%、3.6%に下方修正した。世界における地政学的リスクの高まりに加え、欧州の政治不安などが指摘された。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below