March 5, 2019 / 12:36 AM / 5 months ago

【中国の視点】世界経済の回復ペース、製造業低迷などで鈍る可能性も


*09:33JST 【中国の視点】世界経済の回復ペース、製造業低迷などで鈍る可能性も
世界経済の回復が製造業の低迷などでペースが鈍る可能性が高まっている。今年2月の主要経済国の製造業購買担当者景気指数(PMI)はそろって縮小を示していることが背景にある。

今年2月の日本と韓国の製造業PMIはともに2カ月連続で好不況の分かれ目となる50を下回った。同月の日本の製造業PMIは48.9となり、2016年6月以来の低水準を記録。また、2月の中国の製造業PMI(政府版)も49.2まで低下し、約3年ぶりの低水準まで落ち込んだ。

ほかに、2月の欧州の製造業PMIは49.3となり、7カ月連続で低下し、2013年6月以来で初めて50を下回ったと報告された。製造業の新規受注は6年ぶりの下落幅を記録したほか、輸出受注の下落ペースは加速したことが響いたと説明された。

中国の専門家は、米中貿易摩擦の長引きが両国のほか、世界経済にも悪影響を与えると指摘。また、英国の欧州連合(EU)離脱問題が英国だけでなく、同地域の経済を悪化させる可能性が高いと強調した。米中通商交渉が簡単に合意することが困難だとの見方を示し、英国のEU離脱の先行き不透明感が解消されていない中、2019年の世界経済の伸び率が鈍化する可能性はあるとの懸念を示した。

なお、世界銀行は2019年の米国経済の成長率が18年から0.4%減速し、2.5%になると予測。19年の新興国経済の成長率は4.2%、先進国の成長率は2%になると予想した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below