March 12, 2019 / 3:10 AM / a month ago

【中国の視点】サウジが中国に急接近、国際的孤立の回避などが目的か


*12:08JST 【中国の視点】サウジが中国に急接近、国際的孤立の回避などが目的か
サウジアラビアが中国に急接近している。ムハンマド皇太子は先月下旬に中国を訪問したほか、同国企業などは中国企業と計35件の契約を結んだ。また、サウジの最大国営企業であるサウジアラムコは中国の遼寧省などで日産量30万バレルの製油所の共同整備で合意。投資額は約100億米ドル(約1兆1100億円)になる見通しだ。

世界最大の原油消費国である中国との急接近について、サウジが安定的な原油輸出を狙っているとみられている。サウジが率いる石油輸出国機構(OPEC)が減産を実施した後、米国が原油生産を増加させ続けているため、OPECの減産は原油価格の押し上げにつながらない。世界2位の産油国である同国にとって輸出拡大が不可欠だと指摘されている。

また、昨年10月に公表されたサウジの記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件を受け、サウジが国際社会から「表現の自由や人権の無視など」と批判されてきた。中国との接近は国際社会からの孤立をある程度回避することができるといわれている。

さらに、中国政府が構想しているシルクロード経済圏「一帯一路」についても、アラブ圏への順調な進出を実現するため、サウジとの協力が重要なことだと強調されている。これによって、サウジの発言力も高まる見通しだ。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below