April 5, 2019 / 1:27 AM / 3 months ago

【中国の視点】貿易戦争で疲弊米中、交渉の合意に期待


*10:20JST 【中国の視点】貿易戦争で疲弊米中、交渉の合意に期待
米中通商協議が最終局面に入っている。「両国はすでに問題の大半を解決済みだ」と報じられている。また、米国時間4日にはトランプ米大統領と中国劉副首相の会談が予定され、貿易摩擦の解消に向けた両国の合意への期待が高まっている。

米中両国はともに貿易戦争の長引きで疲弊している。また、環太平洋経済連携協定(TPP)と日欧の経済連携協定(EPA)の発効で、米国の同盟国である日本の米国製品離れも目立っている。こうした中、米国側にとって中国との関係修復を急ぐ必要性が生じている。市場関係者の間では、今回の交渉で合意に至る可能性が高いとの見方は優勢になっている。

国際通貨基金(IMF)は3日に発表した「世界経済展望」では、関税は双方の貿易バランスを影響する主因ではないと指摘し、大幅な関税引き上げが世界経済に悪影響を与えると強調した。IMFは、貿易摩擦には勝者がいないとの見方を示し、全世界が貿易障壁を取り除き、多国間で自由貿易を実現させることなどに努力すべきだと強調した。

世界貿易機関(WTO)は最新リポートで、今年の世界貿易の増加予想をこれまでの3.7%から2.6%まで大幅に下方修正した。WTOは、世界貿易が貿易摩擦の高まりで増加の勢いを失っていると指摘。なお、2018年の世界貿易の増加率は3.0%にとどまり、予想を大幅に下回った。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below