April 19, 2019 / 2:26 AM / in 5 months

【中国の視点】世界の貿易量:世界同時不況以来の縮小、貿易摩擦が主因か


*11:22JST 【中国の視点】世界の貿易量:世界同時不況以来の縮小、貿易摩擦が主因か
世界の貿易が縮小に転じている。オランダ経済政策分析局(CPB)によると、今年1月まで3カ月の世界の貿易量は3カ月前に比べて1.8%減少したという。これは世界同時不況以来の下落幅となった。2007-08年の世界同時不況が起きた後の世界貿易量は12.7%の縮小を記録していた。

英国メディアは、世界貿易量の縮小について、様々な要因によって悪影響を受けていると指摘。自動車業界の衰退や、英国の欧州連合(EU)離脱の迷走、輸入関税の引き上げなどを通じて世界貿易システムを解体させるというトランプ米大統領の野望などが挙げられている。

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は先週、世界経済が「微妙な瞬間」に直面していると発言。英国のEU離脱問題や主要経済国の貿易摩擦などが世界経済の減速リスクを高めていると警告した。これは企業景況感指数や設備投資、雇用市場などに悪影響を与えているとの見方を示した。

中国のエコノミストは、米トランプ政権の貿易政策が世界貿易に悪影響を与えていることが明白だと批判。米国と各国・地域との貿易摩擦の解消に向けた努力を進めるべきだと強調した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below