May 20, 2019 / 12:35 AM / a month ago

【中国の視点】窮地のファーウェイ、Bプラン実施


*09:32JST 【中国の視点】窮地のファーウェイ、Bプラン実施
米商務省は16日、中国通信機器メーカー大手の華為科技(ファーウェイ)とその関連会社68社を対象に、米企業との取引を事実上禁止する規制を同日付で発効した。これにより、ファーウェイが米国企業から技術や部品などの購入はできなくなり、大部分の業務がストップする可能性が出てくる。

ただ、米政府の予想に反して、ファーウェイが米国の発表後にすぐ予備プラン(Bプラン)を正式に実施。これは米企業からの部品供給などが途絶えた場合を想定してファーウェイは10数年前からBプランを進めていた。

中国の専門家は、ファーウェイがBプランを準備していたことについて、想定範囲内だと指摘。ファーウェイが20数年前から海外への進出を積極的に進めており、すでに170カ国・地域で業務を展開している。ただ、米国での業務拡大は順調ではなかった。米政府は「国家安全保障を理由に」同社の排除を続けてきた。そのため、ファーウェイは米政府が強硬な政策に踏み切ることを想定するのは自然な流れだと強調した。

専門家は、第5世代移動通信システム(5G)分野において、ファーウェイが取得している特許数は世界の中でトップだと指摘。米政府は、5Gの分野において米国がかならず勝ち取ると発言していただけに、ファーウェイが米国にとって脅威な存在だと指摘。米政府が自身の地位を維持するため、ファーウェイを潰す必要があるとの見方を示した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below