June 18, 2019 / 3:39 AM / 2 months ago

【中国の視点】インドは米国に報復関税、米印関係が急速悪化


*12:32JST 【中国の視点】インドは米国に報復関税、米印関係が急速悪化
インド政府は15日、一部の米国輸入品に対して輸入関税の引き上げを実施すると発表した。16日から適用するという。これは米国がインドを一般特恵関税制度(GSP)の対象から除外したことに対する報復手段だとみられている。

今回はりんご、アーモンド、クルミ、ひよこ豆、リン酸など28品目は対象となる。関税の引き上げでインドは約2億1700追う米ドル(約235億円)の税収増につながる見通しだ。

米国は昨年、インド産鉄鋼やアルミに対する高い輸入関税を導入したことについて、インド政府はすでに昨年6月に米国に対する報復関税の実施方針を発表した。ただ、両国間の一連の貿易交渉を控え、報復関税の引き上げは先送りされた。

米印両国の年間貿易額は現在、約1421億米ドルに上り、2001年の7倍になる。ただ、両国の関係はここ数週間で急速に悪化している。今月初め米国はGSPからのインドを除外したことが主因だとみられている。また、インドも電子商取引(EC)分野に新規定を導入したため、アマゾンやウォルマート、マスターやVISAなど米国のEC大手やクレジットカード決済サービス企業に対する打撃は大きい。

中国の専門家は、すでに減速しているインド経済について、米印関係の悪化により、一段と低迷する恐れがあるとの見方を示した。なお、5月のインドの燃料使用量は前年同月から横ばいとなり、景気の減速を示している。また、1-3月期のインド成長率は5.8%まで落ち込んでおり、約4年ぶりの低水準を記録した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below