November 13, 2019 / 2:25 AM / 23 days ago

【中国の視点】RCEP:20年署名目指す、日中韓FTAの推進にも好影響か


*11:22JST 【中国の視点】RCEP:20年署名目指す、日中韓FTAの推進にも好影響か
今月4日バンコクで開催された東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会合では、インドを除いた15カ国が2020年中での署名を目指すことで合意した。RCEPは日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN、アセアン)など16カ国の参加予定だったが、インドは国内の消費や産業への影響を考慮してRCEPへの参加を見送りした。

RCEPは2012年のアセアン首脳会議で提起され、その後は日本や中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージランドの6カ国からの賛同を得た。ASEAN10か国+6カ国の人口は約35億人となり、全世界の約半分に相当。国内総生産(GDP)や貿易額の合計は、それぞれ全世界の32.2%、29.1%を占めているという統計は出ている。また、インドは脱退の意向を示したが、国内経済の回復に伴って再びRCEPに加入する公算が大きいとみられている。

中国の専門家は、RCEPが予定通り署名されれば、日中韓自由貿易協定(FTA)の交渉を後押しすることになるとの見方を示した。中韓FTAが日本から中国への家電、自動車などの輸出を打撃しているほか、豪中FTAは日本から中国への水産品の輸出にも影響していると指摘。RCEPが署名されれば、日本から中国への農産品の輸出にも影響するとの見方を示した。このため、日本も日中韓FTAの重要性と緊迫性を再認識すると予測。専門家は、日中韓FTAが合意されれば、アセアン経済やRCEPの推進と相乗効果になると強調した。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below